« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月28日 (日)

TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~『イマトラ・ヴァルティンホテル』

『イマトラ・ヴァルティンホテル』

 

 

イマトラ到着。

 

ホテル裏の急流をバスより眺める。

 

ヴァルティンホテル着。

Scan17228

Scan17229


Scan17230

Scan17226


Scan17227

 

夕食、ホテルから少し歩いたところのレストランで食事。

Scan17234

ロシア風の肉料理を食べた。



味はまあまあだった。

 

パン屋の上のレストランなので、パンは美味しかった。

 

食事の後、街中を少し歩いたが、何もない殺風景な街といった印象を受けた。

 

ホテルに戻ったのち、地下のバーへ数人で行き、生バンドの演奏によるダンスをしているのを見ながらビールを飲んだ。

 

ここにきている人々もバカンスで来ているようであったが、それぞれのカップルがとても楽しそうに優雅に踊っており、ブリティッシュクラブのことを思い出した。

 

ヨーロッパ人はどこへ行ってもこの様にナイトライフを楽しんでいるのだなあと思い、やはり日本人とのライフスタイルの違いを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~『ヴォクセンニスカ教会』




『ヴォクセンニスカ教会』

 

 

 

ヴォクセンニスカ教会に到着。

Scan16118

Scan16235

 

アールト設計、1956年作(58歳)、1959年竣工。

 

この教会は、これまで写真やプランなどを見てもあまり良いとも思わなかったが、実物を見てその素晴らしさに圧倒された。

 

 

内外部ともその空間、細部のヒダのようなデザイン、まさに一つの生命体のような印象を受けた。

Scan16113

Scan16114


Scan16115


Scan16117

Scan16120_2


Scan16121





Scan16228



Scan16234


 

また、この教会の音響についても、その模型による実験などがなされ検討されていたことは知ってはいたものの、その効果も、十分発揮されていたのには驚かされた。

 

誰もいなくなった時、真ん中あたりに座っていたのに、前の方で飛んでいるハエの音が反響で聞こえてきた。

Scan17119

Scan17120

Scan17121

Scan17222

Scan17223

案内のパルスチネン氏の美声とパイプオルガンの演奏も聞かせてもらい、とても素晴らしかった。

 

建物の印象としては、細部は有機的建築として何かの生物の一部を彷彿とさせる繊細なデザインが施されているが、全体的にはとてもダイナミックな形態をしていると感じた。

Scan16235_2

Scan16236

Scan16238

Scan1711

Scan1716

Scan17113

Scan17119_2

電動可動間仕切りも動かしてもらい、今だに健在であるところを見せてもらった。

Scan16232


Scan16233


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »