« TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~『アアルト自邸』 | トップページ | TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~ 『ヘルシンキ市内』 »

2018年6月27日 (水)

TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~『オタニエミ工科大学』

『オタニエミ工科大学』 (現アアルト大学)

朝、宿舎の周辺を少し散歩する。

Scan7117

 

昨晩通った道の反対側より、レイマ・ピエティラが設計した建物を見る。

Scan7116

Scan7119

Scan7120

 

朝食は、ホテルから少し離れた建物(シレン設計)にて、セルフサービス(この日以降、朝食は全てバイキング形式で、パン・ハム・タマゴが多く、同じようなものであった)。

その後、同じくシレンの設計した教会を、外より見学した。

Scan7121

Scan7223

 

オタニエミ工科大学の見学。

Scan811

Scan8113s

Scan8223s

エーロソデラン氏による案内。

Scan8117

建築学科棟より順次見せてもらった。

Scan7228

Scan7230

Scan7233

Scan7234

Scan7235

Scan7237

ほとんど全てアールトの家具が置かれている。

Scan7238

Scan811_2

Scan816

 

日本ではあまり見ることのない、私の憧れでもあるアアルトデザインの家具がたくさん配置されている光景。

この地の主だった所には必ず、しかも沢山配置されていた。

北欧の資源を利用し大量生産向けにデザインされた点に納得したのだった。

 

図書館。

Scan9110

Scan9112

その後、レイマピエティラの学生会館ディポリの外観を見学。

Scan9121

Scan9119

国際会議に使用されているようで物々しい警備がなされており、内部は見れなかった。

Scan9117

その後、オタニエミスポーツホールを見学。

Scan9120

前述の建物のすぐ下にある。

木造の大架構空間があり古い感じ。

Scan9122

Scan9124

あまりアールト的な感じはしない。

一度ホテルへ戻り、バスに乗り込みタピオラへ向かう。

車中より見える、工科大学のヒーティングプラント。

Scan9128

Scan9129


Scan9130


給水塔、そして印刷工場をバス車内より見る。

Scan9136

Scan9135

 

その後、タピオラセンター教会と三連のテラスハウス(アウリス・プロムステッド設計)を見学。

Scan1014


Scan1017

Scan10118

実際に人が住んでいる住宅の内部を見たのはここが唯一だった。

銀行員として働いている女性が赤ちゃんと昼食の準備にトナカイの肉を炒めているところであった。

Scan10114

Scan10115


Scan10116

 

内部は改装したばかりで当初とはだいぶ変更されているようで、外観からは想像できないような美しいインテリアであった。

Scan10112s


Scan10113


特に、サウナ付浴室やDKなど、さすが北欧だけに綺麗にまとめられていた。

Scan10110

Scan10111

また、アールトの家具もさりげなく使用されており、大変感激した。

|

« TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~『アアルト自邸』 | トップページ | TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~ 『ヘルシンキ市内』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~『オタニエミ工科大学』:

« TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~『アアルト自邸』 | トップページ | TRAVEL BLOG 北欧編~アアルトを訪ねて~ 『ヘルシンキ市内』 »