« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

TRAVEL BLOG 北欧編

~アアルトを訪ねて~

 

フィンランド到着 Part2

 

 

 

 

アールト作品の代表作の一つ、

フィンランディアホールを見学。

Scan2120

 

 

専属の案内者が英語で説明してくれた。

CSCE首脳会議が開催される直前でその準備中ということで、

ホール内部ステージ上はメンテナンス中だった。

 

 

ホール内部は思っていたより少し小さめだったが、壁のレリーフは木製で、

写真ではわからなかった材質も触って確かめる事ができた。

Scan3110

 

魅力的なディティールを目の当たりにして驚愕。

角度などが平面・立面・展開図など、ディティールに至るまで

全て一貫したデザインで統一されている。

 

 

 

絶妙なディティールといえば、

天井と2階ロビーを支える柱と2階ロビーの手すり壁。

Scan2232

 

普通だったら直線で平らな腰壁にしてしまうところだが、

この絶妙な角度、あえて直線にしないこのディティールデザインが、たまらない。

この空間にアクセント、リズム感を作っている。

 

 

 

アールトの銅像。

Scan2237

 

 

そして外観。

 

青色のスリットが絶妙な味。

勾配屋根に対して絶妙な位置にスリットが配され、

エレベーション(立面)を引き締めるアクセントになっている。

Scan2118

 

 

1階ピロティで建物全体が重厚でありながら軽く浮き上がった様に見えるデザイン

となっている。

対岸から見ると水に浮いている船の様に見える。

Scan2119

 

現地に行くまでは、建物の正面に池があるように思っていたが、

実際はそうではなくて正面は駅の車庫となっているようだった。

Scan2121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

TRAVEL BLOG 北欧編

~アアルトを訪ねて~

 

フィンランド到着 Part1

これから一週間お世話になるバスに乗り、空港を出発。

Scan1119

運転手ティモさんの運転で出発。

 

ティモさんはエスポー在住で、お母様は昔ヴィープリに住んでいたらしい。

 

現地の日本人ガイドさんが、ヘルシンキ市内の案内してくれた。

 

Scan1121

 

まず最初にヘルシンキの中心地となる、大聖堂、広場セナーティントリを見学。

 

エンゲルが設計した建築。

 

Scan1120


Scan1222


Scan1224


こちらはオリンピックスタジアム(ユリヨリンデグレン)。

 

入口より一見するパーボヌルミ(マラソンランナー)像。

 

Scan218


そしてシベリウス公園にて、シベリウス記念碑見学。

 

Scan219


Scan2110


Scan2113

シベリウスは作曲家で、フィンランドの3大英雄の一人。

 

Scan2111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »